PicoPicoGameEngine

Quick Links

フォントオブジェクト

フォントオブジェクトはフォントを扱います。内蔵フォントはhalf,mini,defaultの3種類、英数、ひらがな、カタカナを使用できます。

TrueTypeフォントや独自のビットマップフォントも利用することができます。

ppfont

:loadTTF()

TTFフォントを読み込みます。

フォントはfontnameで識別します。

ppfont:loadTTF( ttffont, fontname, size)
ttffont : string

TTFフォントファイル名

fontname : string

フォント名

size : number

文字サイズ

fn="MikachanPB.ttf"
nm32="mikachan32"
ppfont:loadTTF(fn,nm32,32)
nm64="mikachan64"
ppfont:loadTTF(fn,nm64,64)
g=ppgraph
function start()
  g:pos(0,0)
  ppfont:set(nm64)
  g:print("DotEDITOR")
  g:move(0,64)
  ppfont:set(nm32)
  g:print("PicoPicoGames")
end

:loadTexture()

指定したテクスチャをフォントとして使用します。

フォントはfontnameで識別します。

ppfont:loadTexture(texture, fontname, width, height)
ppfont:loadTexture(imagefile, fontname, width, height)
texture : texture object

テクスチャ

imagefile : string

テクスチャファイル名

fontname : string

フォント名

width : number

フォントの横幅

height : number

フォントの縦幅

fn="font8x8.png"
nm="8bit font"
ppfont:loadTexture(
  fn,nm,8,8,4,4)
g=ppgraph
function start()
  g:fill(ppscreen:size()
   ,g.blue)

  ppfont:set(nm)

  g:pos(0,0)
  g:print("ABCDEFG")

  g:move(0,32)
  g:print("あいうえお")

  g:tileSize(128,256)
  tx=ppfont:texture()
  g:put(0,64,1,tx)
  tx.size:pos(0,64)
  g:box(tx.size)
end

:set()

使用するフォントを選択します。

標準ではhalf、mini、defaultの3つが指定ができます。

ppfont:set(fontname)
fontname : string

フォント名

function start()
  ppfont:set("default")
  ppgraph:print("HELLO")
  ppgraph:move(0,ppfont:height())
  ppfont:set("mini")
  ppgraph:print("HELLO")
  ppgraph:move(0,ppfont:height())
  ppfont:set("half")
  ppgraph:print("HELLO")
end

:height()

フォントの高さを取得します。

height = ppfont:height()
height : number

フォントの高さ

:width()

フォントの横幅を計算します。

width = ppfont:width(string)
string : string

計算する文字列

width : number

フォントの横幅

:size()

フォントのサイズを計算します。

size = ppfont:size(string)
string : string

計算する文字列

size : rectangle object

文字の大きさ

g=ppgraph
function start()
  local s="HELLO WORLD"
  g:pos(
   g:layout(
    ppfont:size(s),true,true))
  g:print(s)
  local z=ppfont:size(s)
  g:box(z:pos(g:pos()))
end

:texture()

選択中のフォントのテクスチャを返します。

texture = ppfont:texture()
texture : texture object

テクスチャ